GeoCloud 空間情報クラウドコンピューティング

GeoCloudの概要

通常、システム構築を自前でしようとすると、サーバ購入をはじめ、運用・メンテナンスに関わる人員や更新作業など、コストと手間がかかります。クラウドサービスを利用すれば、トータルコストの軽減をはじめ、利用規模に応じた課金、Webブラウザ上でOKの利用環境、クラウド上でのデータ保管によるセキュリティ確保など、多くの効果が期待できます。


このように柔軟な利用を実現するクラウドサービスの登場により、Webアプリケーションに要求される機能や使い勝手も大きく変化し、GISにおいても同時多数アクセスやデスクトップアプリケーション並みの操作性、処理スピードが要求されるようになってきました。


こういった状況に対応するため、インフォマティクスではインターネット経由でGISの利用を可能にするクラウドGIS「GeoCloud(ジオクラウド)」を提供しています。

GeoCloudの特長

■高機能

・スタンドアロンGISアプリケーション並みの豊富なGIS機能を提供します。
・複数サイトから配信されるデータどうしの重ね合わせが可能です。


■拡張性

・サーバ台数を増やすことで柔軟に拡張できます。


■業務アプリとの連携

・他のWebシステムから呼び出せるAPIの提供が可能です。
・GeoCloudのモジュールを単体で提供することもできます。


■環境を選ばない

・Windows, Linux, Mac, UNIX等、各種プラットフォームに対応します。
・モバイル端末でも使用可能です。


■スケーラビリティ

・必要な時期や期間に応じたサーバ利用が可能です。


■業務に合わせて個別のカスタマイズも可能

・統合型アプリケーションには、自治体や警察の各業務アプリケーションを追加可能です。
・基本の背景地図に業務用のデータを追加して表示できます。


■ニーズに応じたクラウド環境に対応

お客様のご要望に応じて、以下のいずれかのクラウド環境をお選びいただけます。


システム構成例


対応データ

業務用途に応じた背景地図をお選びいただけます。地図データは定期的な自動更新が可能ですので、更新作業の手間が省けます。
対応データについて、詳しくはこちらをご参照ください。

開発事例

「復興写真マップ」はGeoCloudをベースに構築されたサイトです。
※復興写真マップは、東北大学の研究者が東日本大震災直後から被災地の復興状況を撮影した写真を地図上に表示するサイトです。
東北大学研究者による復興写真マップのサイトはこちら

お問い合わせ・資料請求

Webからのお問い合わせはこちら

お電話によるお問い合わせ: 044-520-0850